筋トレ

結論、運動は朝?昼?夜?

トレーナーとして活動していると、お客様から様々なご質問を受けます。
今回は「これから運動を始めよう!」という方から多くの質問を受ける、

 

朝と夜だとどちらの方が運動に向いてるの? 

 

という疑問にお答えしていきます!
今回の記事を読むと

  • 朝・昼・夜それぞれの運動のメリットデメリットをがわかる
  • あなたにとってのベストなタイミングがわかる
  • 食事のタイミングとの注意点がわかる

以上の3点の疑問を解消することができます!
3分程で読めますので最後までご覧ください!

 

結論、運動は朝?昼?夜?

結論からお伝えすると、

 

ライフスタイルに合わせ、あなたがやりやすい時間にやりましょう。

 

ですがこれで終わりになってしまいますので、僕、トレーナーとしてのオススメをお伝えしていきます(笑)

 

昼>朝>夜

 

僕はこの順番にオススメしています!その理由を解説していくために、それぞれのメリットとデメリットを書いていきます!

 

運動効率・怪我リスク、全てにおいて優秀な昼の運動

一番オススメなのは昼の運動です。特に15時~16時付近をおすすめしています!

 

1日で一番体温が高い時間帯

15時~16時は一日の中で一番体温が高い時間帯です。体温が高いということはどういうことか?

 

  • 筋活動が活発になる
  • 関節可動域が広く、動作が大きくなる→消費カロリーUP
  • 怪我のリスクが下がる

運動効率、効果において最も優秀なのが昼であることが分かりますね。
怪我のリスクが小さいのも大きなメリットです。

  • 朝は体温が低く、関節を痛めやすい。
  • 夜は一日の疲れが溜まっており、集中力が低下しやすい。

つまり怪我のリスクに関してはずば抜けていると考えています!

 

栄養補給が容易

運動においてとても重要なのが食事。特に運動後に何を食べるか?という点においても優れています。

 

夜に運動を行った場合、食事を済ませてから行うか、運動後に食事をするかの2択ですが、どちらも最適とは言えません。

 

食事を済ませてから行うと、運動後に何も食べないことになり、栄養補給ができないし、
運動後の場合、どうしても時間が遅くなってしまいます。

 

昼(特に15時~16時近く)に行った場合、その後に夕食を食べることができ、バランスのとれた食事でしっかりと筋肉を修復することができます!

 

時間が取れない人が多い

以上の点から昼間の運動はかなりおすすめなのですが、
デメリットとしてはその時間に運動ができる人が少ないという点が挙げられます。

 

ですので、昼間に運動をできる方は昼に行い、難しい方は朝か夜を選びましょう。

 

継続・習慣化するなら朝の運動が一番やりやすい

朝の最大のメリットは気持ち次第で継続が一番しやすいことです!

 

意志決定力が残っている

人は毎日を決断の連続で生活しています。起きるか起きないか。仕事に行くか行かないか。昼ご飯は何を食べるか。

 

その決断を行う意志決定力には限りがあると言われています。つまり、夜の時点では、日中の意志決定力の浪費によって、「運動をする」という決断をしにくい状態になっているんですね。
よって朝に行うと決断がしやすいです。

 

いや、朝は苦手だからという方が多いですが、朝が苦手というのはシンプルに夜に早く寝ていない、もしくは睡眠の質が悪いから。
1週間早起きする生活を続ければ身体は慣れていき、朝が苦手ではなくなりますよ!

 

他の予定に邪魔されない

習慣化するためには同じ曜日、同じ時間にするのが一番簡単です。朝は他の予定に邪魔されることが少ないので、習慣化しやすいです!

 

昼や夜に関しては、残業や飲み会、友人との約束など他の予定が入ってしまうことが多く、曜日と時間を固定するのが難しいです。

 

空いていないジムが多い

ウォーキングやランニングなら問題ないですが、ジムで運動したい場合、朝早い時間は空いていないところが多いのがデメリットです。
しかし最近は24時間ジムが急激に増えていますので、このデメリットは解消されつつあるかと思います。

 

体温が低いため入念なウォーミングアップが必要

朝は一日の中で一番体温が低い状態です。約1℃も違う方もいらっしゃいます。
櫃の運動のメリットの逆の事が起こりますよね...!

 

  • 筋活動が不活発
  • 関節可動域が狭く、動作が小さくなる→消費カロリーDOWN
  • 怪我のリスクが上がる

よって、他の時間帯よりも入念にウォーミングアップを行う必要があります。

 

僕も以前はずっと朝の筋トレをしていましたが、たまに日中に行うと、扱える重量、回数が変わり、なるほどっと思ったことがあります(笑)

 

とはいっても運動の効果を出す一番のポイントは頻度と継続です。昼や夜だとこれらが難しい場合は完全に朝をおすすめします!

 

 

1日のストレス発散にはやはり夜

夜の運動は、

  • 食事のタイミングが難しい
  • 寝る前に行うと興奮し眠気が覚めてしまう
  • 一日の疲れがあるので集中力が切れやすい

などのデメリットはありますが、やはりストレス発散のツールとして運動を使うのであれば夜に勝るものはないです!
一日の終わりを運動で締めるのもとても気持ちがいいですからね。

 

さらにフィットネスクラブのレッスンは夜が一番活発です。楽しくストレスを発散しに来ている方がたくさんいらっしゃるので、一緒に声を出して動いてみたりするととっても気持ちが良いですよ!

 

 

結論はどの効果を一番感じたいか

それぞれにメリット・デメリットがあることを説明してきました。
どの時間に行うかはあなたが求める効果と実際に可能かどうかによって変わってくるでしょう!

  • 朝→継続・習慣化をしたい
  • 昼→運動効果を効率良く得たい
  • 夜→ストレス発散をしたい

 

ただし勘違いしてほしくないのは、

他の時間帯だからと言ってその効果を感じられないわけではない

ということです。昼間が運動効率が良いと言いましたが、朝も夜も運動の効果はしっかりあります!
メリットデメリットにとらわれすぎないように気をつけましょう!

 

 

食後30分や極端な空腹時はNG

ここまでそれぞれの時間帯の話でしたが、今回はどの時間で行う方も当てはまる注意点をお伝えします!

 

食後30分は運動せず身体を休める

食後は、消化を行い栄養を蓄える為に、副交感神経を優位にして消化活動を優先させています。

 

しかしこのタイミングで運動をしてしまうと、交感神経を優位にしてしまい、消化活動が思うように進まなくなってしまいます。
お腹が痛くなったり、栄養が十分に補充されない為身体も強くなりません。食後の運動。あとはプラスで言うと入浴なども当てはまりますが、食後はゆったりと休み、消化活動を進めましょう!

 

極端な空腹時の運動はリスクが高い

空腹時というのは糖が切れている状態。つまり脳に栄養もいきわたっていません。その状態で運動を行っても、集中力は続かず、いつも通りのパフォーマンスを発揮することができません。

 

この状態で運動を行っても筋分解を促すだけなので、必ず何か糖分を摂るなどしてパフォーマンスを上げておきましょう!

 

 

まとめ

今回の記事をまとめると

 

  • 昼>朝>夜 の順番でオススメだが、どの時間でもバッチリ効果はある
  • あなたの目的とライフスタイルに合わせて選びましょう
  • 食後30分以内や極端な空腹時の運動は避けましょう

 

以上のようになります!今回の記事を参考にしてあなたにピッタリの時間帯を見つけてみてください!

 

今回の内容で気になったことやご質問があればLINE@からご連絡下さい!
只今無料相談を受け付けています!


宮澤海志(パーソナルトレーナー)
大手フィットネスクラブでグループレッスン(レスミルズや運動講座)を行いながら
月80セッションを行っていた。
2020年1月に埼玉県狭山市にて「Best Life Gym」を開業。
運動とタイ古式マッサージを組み合わせて、身体を根本から改善し、
「過去最高のあなたをつくるジム」というテーマで活動中。

月1回のセミナーも行っております。

興味がある方はLINE@登録後、ご連絡ください。 →LINE@
トレーニング体験の連絡やLINEでの悩み相談受け付けています!
ホームページは「狭山市駅徒歩3分のパーソナルジム Best Life Gym」をクリック!

おすすめ記事一覧

1

現代社会は「ストレス社会」と呼ばれるくらい常にストレスを感じてしまう時代です。このストレスと闘うために、朝食にある食材を加えましょう!それは? 果物です! この記事を読み、実践していただくと、ストレス ...

2

現代社会は疲れることがただでさえ多いのに、コロナウイルスの蔓延により疲れていたり、ストレスが溜まっている方が多いことでしょう。   負の感情は身体に悪い影響しかもたらしません。今こそ身体の内側から心を ...

3

こんにちは!パーソナルトレーナーの宮澤です!職業柄、多くのお客様の身体の悩みを聞くのですが、最近特に多い 「昔と比べて痩せにくくなった...」 というお悩みについて今回は解説していきますね!   40 ...

4

  こんにちは!パーソナルトレーナーの宮澤です!現在ダイエットを行っているが、なかなか効果が出ないと悩んでいる方がこの記事を読んでいると思います。   僕自身多くのお客様のダイエットをサポートしたり、 ...

5

  今回は多くの方が抱える悩み、お腹周りの脂肪が落ちない原因と対策(トレーニングとストレッチ)をご紹介します!   正直僕もお腹周りは常に気になっています(笑)しかしあるトレーニングとストレッチを行っ ...

-筋トレ
-, , , , , ,

Copyright© YOUR BODY , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.