筋トレ

トレーニングベルトは本当に初心者に必要か?

 

こんにちは!パーソナルトレーナーの宮澤です!
健康の為に筋トレを始めよう!と決めてフィットネスクラブに入会したり、YouTubeで筋トレ系YouTuberを見たりしますよね?

 

僕がフィットネスクラブで働いていた際、多くの質問を受けた一つが

 

「あの人が腰に巻いてるのってどんな効果があるの?」

 

今回の記事ではマッチョ達がみんなつけているトレーニングベルト(パワーベルト)についてお話していきます!

 

 

トレーニングベルトは本当に初心者に必要か?

最初に結論からお伝えすると、

 

トレーニング初心者はベルトを使うべきではない

 

と僕は考えています。その理由はこちら。

  • 正しい腹圧のかけ方が身につかない
  • インナーマッスルが鍛えられない
  • 初心者のうちからベルトが必要なほど高重量は持たない

 

この記事を読むことで、トレーニングベルトのメリットとデメリットを理解し、いつからベルトを巻くべきなのかが分かります!
3分程で読めますので最後までご覧ください!

 

ベルトのメリット「トレーニング中の腰の怪我を防ぐ」

ベルトを巻く目的は見出しの通りです。正確に言うと「腹圧の補助」をしています。

腹圧
腹腔内圧のこと。姿勢が崩れないよう安定させる働きを持つ。
本来自然に備わっている能力であり、日常で意識を知る必要はあまりないが、
トレーニングにて重量を扱う際、腰への負担が大きくなるため、意識的にかける必要がある。

 

腹圧のかけ方をご紹介します。

  1. 息を吐き、お腹を細くしていきながら腹筋に意識的に力を入れ、硬くします。(風船を外から押す)
  2. 腹筋の力を入れたままお腹周り360度に空気を入れこむように息を吸います。(風船を内から広げる)

すると、内から広げようとする圧力と外から抑え込む圧力によって、非常に強力な腹圧をかけることができます!
こうすることでスクワットなどの際に重量を担いだとしても姿勢や背骨が安定し、安全に行えます。

 

トレーニングベルトは①の「外から抑え込む圧力」を代わりに担ってくれます!
使い方としては

  1. お腹を細くしながらメルトをきつく締める(風船を外から押す)
  2. お腹周り360度広げるように息を吸います(風船を内から広げる)

 

腹筋に力を入れる工程がないため、通常より楽に腹圧をかけることができるので、腹圧のかけ方がいまいちわからない方でも安全にトレーニングを行うことができるのです!

 

 

ベルトのデメリット「将来的に腰痛を引き起こす」

しかし、トレーニング中の腰痛を防ぐことができるが、それ以外の時、さらに将来的に腰痛を引き起こす可能性があるのです!

 

正しい腹圧のかけ方が身につかない

初心者のうちからベルトを多用してしまうと、正しい腹圧のかけ方をマスターしないまま、重量が上がっていきます。

 
トレーニングギア(ベルトやグリップ等)のメリットでありデメリットは、通常では扱えない重量を扱えるということ。
筋肉の成長だけを考えるのであれば効果的だと言えるのだが、身体への負担としてはどうだろうか?
はたしてあなたの身体はその重量を扱えるだけの耐久力を持っていますか?

 

インナーマッスルが鍛えられない

腹圧をかける行為はインナーマッスルの強化として有効です。つまり、腹圧の補助はインナーマッスルの強化につながらなくなってしまうのです。

インナーマッスル
身体の深い部分にある筋肉の事。反対に身体の表層にある筋肉をアウターマッスルという。肩関節や股関節にも多くのインナーマッスルが存在するが、今回の記事では体幹部分の4つ、
腹横筋、多裂筋、横隔膜、骨盤底筋群が関係している。

姿勢の維持や動作の制御などに深く関わっている。

 

インナーマッスルの強化を怠り、アウターマッスルばかりを強化してしまうと、筋肉のバランスが崩れ、

  • 姿勢の悪化
  • 効率の悪い筋活動

につながってしまい、身体への負担が増えてしまうのです。

 

初心者のうちからベルトが必要なほど高重量は持たない

そして、初心者にトレーニングベルトがいらないと考える最大の理由は、最初はベルトが必要なほど高重量を持つべきではないということです!

 

トレーニング初心者が最初に大切にするべきポイントは

  • 腹圧のかけ方のマスター
  • フォームの安定
  • トレーニングの習慣化
  • 身体をつくる食事や睡眠

 

これらであり、身体を壊すリスクを上げる時ではありません。上記のポイントを続け、基礎となる身体作りができたら、ベルトを使い始めてもいいかもしれませんね。

 

どこまでベルトなしでやるか?

ではいつまでベルトなしで行うか?腹圧やフォームの関係もあるので一概には言えないが、スクワットの場合

  • 男性は体重×1.8倍
  • 女性は体重×1.2倍

ぐらいから考え始めてもよいかなと思います。ただし、あくまで腹圧を自力でしっかりとかけられる場合のみです!
腹圧をかけられない場合は腰を痛めますので必ず無理をしないでください!

 

ちなみに僕の場合は体重62kgでスクワットは130kgでセットを組みますが、ベルトは使わずに、腰を痛めていません。腹圧をしっかりかければこのくらいは大丈夫です。

 

まとめ

今回の記事をまとめると

  • トレーニングベルトはトレーニング中の腰痛を予防できる。
  • しかし腰痛にならない身体をつくるインナーマッスルの強化が少なくなる。
  • 初心者のうちはトレーニングの基礎を大切にして、ベルトが必要なくらいの無理な重量を扱わないこと。

 

ここまで初心者はベルトはいらないというお話をしてきましたが、買った方が良いという意見も持ってます!それは、

 

かっこいいから(笑)

 

いかにもトレーニングやってる感が出てベルトを持っているとかっこよく見えるし、モチベーションアップにもつながります!

 

上手に活用して、楽しいトレーニングライフをお過ごしください!!

 

今回の内容で気になったことや感じたことがあれば、LINE@にてご質問ください!
只今無料相談を受け付けています!

 


 

宮澤海志(パーソナルトレーナー)
大手フィットネスクラブでグループレッスン(レスミルズや運動講座)を行いながら
月80セッションを行っていた。
2020年1月に埼玉県狭山市にて「Best Life Gym」を開業。
運動とタイ古式マッサージを組み合わせて、身体を根本から改善し、
「過去最高のあなたをつくるジム」というテーマで活動中。

月1回のセミナーも行っております。

興味がある方はLINE@登録後、ご連絡ください。 →LINE@
トレーニング体験の連絡やLINEでの悩み相談受け付けています!
ホームページは「狭山市駅徒歩3分のパーソナルジム Best Life Gym」をクリック!

おすすめ記事一覧

1

現代社会は「ストレス社会」と呼ばれるくらい常にストレスを感じてしまう時代です。このストレスと闘うために、朝食にある食材を加えましょう!それは? 果物です! この記事を読み、実践していただくと、ストレス ...

2

現代社会は疲れることがただでさえ多いのに、コロナウイルスの蔓延により疲れていたり、ストレスが溜まっている方が多いことでしょう。   負の感情は身体に悪い影響しかもたらしません。今こそ身体の内側から心を ...

3

こんにちは!パーソナルトレーナーの宮澤です!職業柄、多くのお客様の身体の悩みを聞くのですが、最近特に多い 「昔と比べて痩せにくくなった...」 というお悩みについて今回は解説していきますね!   40 ...

4

  こんにちは!パーソナルトレーナーの宮澤です!現在ダイエットを行っているが、なかなか効果が出ないと悩んでいる方がこの記事を読んでいると思います。   僕自身多くのお客様のダイエットをサポートしたり、 ...

5

  今回は多くの方が抱える悩み、お腹周りの脂肪が落ちない原因と対策(トレーニングとストレッチ)をご紹介します!   正直僕もお腹周りは常に気になっています(笑)しかしあるトレーニングとストレッチを行っ ...

-筋トレ
-, , , ,

Copyright© YOUR BODY , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.