生活・モチベート

正しい入浴法と運動との関係徹底解説

あなたは入浴の大切さ、ご存知ですか?
シャワーで済ませていませんか?

 

そして入浴の正しい方法ご存知ですか?
湯船に使っている時間はどのくらいですか?

 

正しい入浴時間で入らなければ、疲れが取れなかったり、逆に疲れが溜まってしまったりするんです!

 

今回の記事では

  • 入浴にはどんな効果があるのか?
  • 疲労回復の為にはどのくらいの時間浸かるのが理想か?
  • 運動直後の入浴は良くないと言うのは本当か?

こういった内容を解決していきます。
3分程で読めますので是非最後までご覧ください!

 

 

入浴にはどんな効果があるのか?

様々な効果がありますが、今回は

 

  • 疲労回復効果
  • 睡眠の質を上げる

この2つをご紹介していきます。

 

疲労回復効果

入浴に疲労回復効果があることは皆さんご存知だと思いますが、

 

なぜ効果があるのか?
そこまで把握して、入浴の質も高めていきましょう!

 

入浴は3つの働きによって私たちの疲労を除去してくれます。
それは

  • 温度
  • 水圧
  • 浮力

の3つです。

 

温度

お風呂に入ると体がポカポカして真っ赤になりますよね?これは毛細血管の広がりによるものです。
つまり血行が良くなっているということ。すると、老廃物や疲労物質を血液が除去してくれます!

 

さらには適温での入浴で内臓の働きを助けてくれたり、自律神経のコントロールをしてくれます。

 

ちなみに僕のオススメの温度は39度40度あたりです。
もちろん人それぞれの感覚はありますが、ベースとして、この温度より低くても高くても身体は余計なストレスを感じてしまうと覚えておいてください。

 

 

水圧

お風呂もプールや海と同じく「水」である為、水圧が生じています。
なんと、ウエストが3〜6cmほど細くなるほどの水圧がかかっているのです!

 

お風呂入ってたら痩せそうですね笑

 

この水圧がどのような働きをしてくれるのでしょうか?

 

日常の中で身体は重力を感じています。
その影響で、足には血液やリンパ液など多くのものが溜まってしまっています。

 

むくみの原因ですね。

 

お風呂に入り水圧の影響を受けることで、血液などを流してくれるのです。
マッサージされているのと同じような効果が水圧にはあるのですね!

 

ちなみに、お風呂やプールに深く入ると少し息苦しくなりますよね?
これも水圧の影響です。

腹部に水圧がかかることによって、横隔膜が押し上げられます。
横隔膜は肺のすぐ下にある為、押し上げられることで肺のスペースを圧迫します。

それにより肺の容量が少なくなり息苦しく感じるのです。
よってこの水圧を利用すると心肺機能のトレーニングになります!

 

プールでの運動は最高ですね!

 

 

浮力

お風呂にも浮力が働きます。
お風呂での浮力はどのくらいかというと、体重が約9分の1程まで軽くなる程です!

 

日常で常に重力を感じている筋肉、関節は浮力により解放されます!
そしてそれは脳にも伝わります。
よってリラックス効果を感じることができるのです。

 

 

以上の温度・水圧・浮力により、疲労回復効果があります!

 

 

睡眠の質を上げる

そしてもうひとつの大きな効果は睡眠との関係です!
この入浴を上手く活用することで睡眠への導入をスムーズにしてくれるのです!!

心地よく眠りにつくためのポイントは、体温です。

 

体温が低下してきた際に眠りにつくとスムーズに寝る事が出来るのです。

 

体温を下げる為には当然体温を上げておかなければなりません。
体温を上げる方法としてはこの入浴と運動ぐらいしかありませんが、運動は著しく交感神経を優位にしてしまうため、オススメとまではいきません。

 

入浴は体温を簡単にコントロールできるため、寝る前にお風呂に入りましょう!

 

ちなみに理想の入浴時間は10分~15分です。それより短いと、身体を芯まで温める事が出来ませんし、長すぎると身体にとってはストレスなので、疲れてしまいます。

 

ダイエット効果とか、発汗作用によるデトックス効果などを狙うのであれば長風呂も良いですが、疲れを取り、睡眠につなげるのであれば10~15分で収めておきましょう!

 

 

運動直後の入浴は良くないと言うのは本当か?

よく運動直後はお風呂に入ると良くないんじゃないかという疑問を耳にします。

 

結論から言うと、そこまで気にすることはありません。

 

運動後の入浴が良くないと言われる理由は2つあります。それは

  • 脂肪燃焼に働くリパーゼの働きが弱まる
  • 運動後の疲労の回復が遅れる

 

運動後活発になった、脂肪燃焼効果のあるリパーゼはその後体温を上昇させてしまうことによってその働きを弱めてしまいます。

 

このリパーゼだけを見ると確かに直後の入浴は良くないですが、入浴自体にもエネルギー消費はあるため脂肪燃焼効果もあります。
全体的に見るとあまり大差はないように思われます。

 

そして疲労の回復についても、場合によると思われます。
部分的に筋肉を酷使し、その場所に血液を送って回復を促したい場合は、入浴によって全身に血液が巡ってしまうため、分散する形になり、回復に時間がかかるかもしれません。

 

しかし、通常の運動を行っている場合は、局所的に血液を集める必要はないため、あまり支障はないと思われます。

 

 

結論、そこまで神経質になる必要はなく、お風呂に入りたい時は入ってしまってよいと思います。
運動後のお風呂が気持ち良かったりもしますので、それを我慢することはないですね!

 

 

まとめ

今回の記事をまとめると

  • 入浴には「疲労回復効果」や「睡眠の質を上げる」効果がある
  • 理想の時間は10~15分で、寝る1時間前に入る
  • 運動直後でも大きな悪影響はないため入ってよい

このような内容でした!

 

入浴は自分をケアしてあげるとても手軽な方法になります。
正しく入浴し毎日自分をいたわってあげましょう!!

 


宮澤海志(パーソナルトレーナー)
大手フィットネスクラブでグループレッスン(レスミルズや運動講座)を行いながら
月80セッションを行っていた。
2020年1月に埼玉県狭山市にて「Best Life Gym」を開業。
運動とタイ古式マッサージを組み合わせて、身体を根本から改善し、
「過去最高のあなたをつくるジム」というテーマで活動中。

おすすめ記事一覧

1

現代社会は「ストレス社会」と呼ばれるくらい常にストレスを感じてしまう時代です。このストレスと闘うために、朝食にある食材を加えましょう!それは? 果物です! この記事を読み、実践していただくと、ストレス ...

2

現代社会は疲れることがただでさえ多いのに、コロナウイルスの蔓延により疲れていたり、ストレスが溜まっている方が多いことでしょう。   負の感情は身体に悪い影響しかもたらしません。今こそ身体の内側から心を ...

3

こんにちは!パーソナルトレーナーの宮澤です!職業柄、多くのお客様の身体の悩みを聞くのですが、最近特に多い 「昔と比べて痩せにくくなった...」 というお悩みについて今回は解説していきますね!   40 ...

4

  こんにちは!パーソナルトレーナーの宮澤です!現在ダイエットを行っているが、なかなか効果が出ないと悩んでいる方がこの記事を読んでいると思います。   僕自身多くのお客様のダイエットをサポートしたり、 ...

5

  今回は多くの方が抱える悩み、お腹周りの脂肪が落ちない原因と対策(トレーニングとストレッチ)をご紹介します!   正直僕もお腹周りは常に気になっています(笑)しかしあるトレーニングとストレッチを行っ ...

-生活・モチベート
-, , , ,

Copyright© YOUR BODY , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.