ダイエット 栄養

トマトダイエットはやるべき?やらないべき?

 

 

「トマトダイエット」という言葉を聞いたことない方はまずいないんじゃないのかなと思います。一時期流行りましたね!

 

今回の記事では

  • トマトの効果ってどんな効果があるの?
  • トマトの摂取目安はどのくらい?
  • おすすめの調理法は?

以上に疑問を解決できます!
約3分程で読めますので、最後までご覧ください!

 

初めに現役パーソナルトレーナーとしての視点から結論をお伝えいたしますと、

 

ダイエットにトマトは最高!

 

と考えております!ただし、「トマトダイエット」というキャッチ―なネーミングのせいで、トマトだけを食べればいいんだと勘違いしている方が多いと思います。

 

食事の中に毎日トマトを組み入れる。トマトダイエットって本来そういうものなんですよ!

 

 

トマトの効果ってどんな効果があるの?

ではまずはトマトの効能をご紹介していきます!大きく分けて4つが働いています!

  • リコピン
  • ベータカロテン
  • アルコール代謝
  • 13-oxo-ODA

 

リコピン

トマトと言えばリコピン!というぐらい代表的な栄養素です!
強い抗酸化作用があり、活性酸素を除去してくれます。
よってがんや老化を予防してくれます。

 

ガンは日本人の死因No.1。そして老化はヒトの悩みNo.1。

 

これらに作用してくれるリコピンは是非摂取したい栄養素です!

 

リコピンを摂取する際は加熱してあげると吸収しやすいと言われています。しかし加熱すると他の栄養素が取れないというデメリットが多くありますので、注意が必要です。

 

そしてリコピンは脂溶性の栄養素の為、油を一緒に摂ると良い、ということでよくオリーブオイルとかいろいろオススメされていますが、基本的にこれは必要ありません。
なぜならその1食の中で油が取れればいいだけで、魚などがあればそれで十分だからです!

 

 

ベータカロテン

トマトは緑黄色野菜のひとつ。つまりベータカロテンが含まれています!
ベータカロテンはビタミンAの前駆体であり、同じ効果を発揮します。

 

よって、皮膚や粘膜を修復したり、網膜への作用をしてくれます。
こちらも脂溶性ビタミンですが、意識して油を摂る必要はそこまでありません。

 

 

アルコール代謝

トマトはアルコール代謝を早めてくれると言われています。
ですので、お酒の席にもトマトはあると良いですね!

 

居酒屋には冷やしトマトなどよくありますしさっぱりしてておいしいですよね!
是非毎回真っ先にご注文下さい!!

 

 

13-oxo-ODA

トマトには13-oxo-ODAという成分が含まれています。

 

これが脂肪分解を促進してくれるというのです!
しかしあくまで脂肪分解を促進するだけ。実は脂肪って分解されただけじゃ、なくなりません。分解され、血中に溶けだした「脂肪酸」を燃焼することで初めて脂肪が落ちていくのです!

 

つまり、13-oxo-ODAを摂るだけではなく、運動との同時並行で脂肪燃焼効果が高まります!
逆に運動を取り入れないと痩せませんからね!!

 

 

トマトの摂取目安はどのくらい?

ではトマトは1日にどのくらい摂取すると良いか?

 

目安としては大きいトマトなら約2個程度。ミニトマトなら15個程度が良いかなと考えております。

 

水溶性の栄養素はすぐに溶け出てしまうのですが、リコピンは脂溶性であるため、身体の中に溜まります。ですので摂りすぎてしまうと良くないのですね。

 

ただ、普通にトマトを食べている分には全く問題ないと考えます。

 

もし置き換えダイエットをしてしまい、夕飯トマトだけ、みたいなことをしてしまうと必然的に摂取量が増えてしまいますが、食事の中の1品として食べるのであれば、トマトを4個とか食べるようなことはないからです!

 

安心してたくさん食べましょう!!

 

 

おすすめの調理法は?

最後にオススメの調理法をご紹介いたします。

 

記事の序盤でもお話ししましたが、リコピンは加熱することで吸収が良くなります。ですので加熱もオススメなのですが、やはり生で食べるのを僕はおすすめいたします!

 

加熱すると他の栄養素か消えてしまうということもありますし、その使い方としても生がおすすめです。
僕はサラダにトマトを入れると良いことがたくさんあると考えています。

  • 味が強いためドレッシング量が少なくて済む
  • 赤が生える

 

トマトは味が強く、ドレッシングなしでも食べる事が出来ますね。サラダに加えることで、普段サラダにかけるドレッシングの量を減らすことができます!

 

ドレッシングは油分や塩分が多く、極力量を減らしたいもの。つまり、トマトである程度代用できるのならばありがたい限りですよね!

 

さらに、リコピンやベータカロテンは脂溶性であるというお話をしました。よって、アボカドと混ぜたサラダにしてみたり、別の一品で魚を食べたりして、栄養素を最大限に活用する工夫をしていきましょう!

 

 

まとめ

今回の記事をまとめると

  • 抗酸化作用があり、健康にもいい食品なので積極的に摂取すると良い
  • 1日の目安は大2個、ミニトマト15個程度が良い
  • サラダでの味のアクセントとして活用しよう

 

そして結論、トマトを食べるダイエットはおすすめです!というかダイエットに限らず普段の食事から積極的に食べてくださいね!!!

 

今回の内容で気になったことがあればLINE@からご連絡下さい!
只今無料相談を受け付けています!


おすすめ記事一覧

1

現代社会は「ストレス社会」と呼ばれるくらい常にストレスを感じてしまう時代です。このストレスと闘うために、朝食にある食材を加えましょう!それは? 果物です! この記事を読み、実践していただくと、ストレス ...

2

現代社会は疲れることがただでさえ多いのに、コロナウイルスの蔓延により疲れていたり、ストレスが溜まっている方が多いことでしょう。   負の感情は身体に悪い影響しかもたらしません。今こそ身体の内側から心を ...

3

こんにちは!パーソナルトレーナーの宮澤です!職業柄、多くのお客様の身体の悩みを聞くのですが、最近特に多い 「昔と比べて痩せにくくなった...」 というお悩みについて今回は解説していきますね!   40 ...

4

  こんにちは!パーソナルトレーナーの宮澤です!現在ダイエットを行っているが、なかなか効果が出ないと悩んでいる方がこの記事を読んでいると思います。   僕自身多くのお客様のダイエットをサポートしたり、 ...

5

  今回は多くの方が抱える悩み、お腹周りの脂肪が落ちない原因と対策(トレーニングとストレッチ)をご紹介します!   正直僕もお腹周りは常に気になっています(笑)しかしあるトレーニングとストレッチを行っ ...

-ダイエット, 栄養
-, , , ,

Copyright© YOUR BODY , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.